勝手にメディア社会論

メディア論、記号論を武器に、現代社会を社会学者の端くれが、政治経済から風俗まで分析します。テレビ・ラジオ番組、新聞記事の転載あり。(Yahoo!ブログから引っ越しました)

カテゴリ: その他

今、ビストロが旬だ!

「俺のフレンチ」の象徴されるように、最近旬な格安フレンチ・レストランは「ビストロ居酒屋」と呼ばれるカテゴリーだ(「ビストロ」はフランス語で「小料理屋」という意味だが「居酒屋」という意味もあるので、これだと「居酒屋居酒屋」になってしまうのだけれど)。ここ20年以上、日本人にとってポピュラーな洋食と言えばイタリアンだった。通称”イタメシ”と呼ばれるこのカテゴリーが日本に普及したのはバブル末期の90年頃。それまで洋食と言えばフレンチのイメージが強かったが、フレンチ=高級というイメージも付随していて「ちょっとフレンチ」という具合に食べにいけるものではなかった。そこに料理法、価格ともカジュアルなイタリアン・レストランが街に出現する(ティラミスが大ヒットするのもこの頃だ)。イタリアンの勢いは凄まじく、究極のカジュアル・イタリアンであるサイゼリヤ、ジョリーパスタといった格安チェーン店まで出現した。で、「カルパッチョ」なんて料理もごくごく一般的なメニューの一つとして人口に膾炙した。一方、この煽りを受けたフレンチは不人気料理の部類に格下げされてしまう。店をたたむフレンチが結構出てくる始末だった。

でも、フレンチってやっぱり経費かがかるはずなんだが……

ところが、である。ここに来て格安フレンチであるビストロ居酒屋が出現。これが結構な賑わいを見せている。フォアグラやパテ・ド・カンパーニュ、アヒージョ、タジン、コンフィ、ジビエなんてものが千円以下。こうなるとフレンチはイタリアンと拮抗する価格帯になり、ウマいワインとウマいフレンチを懐を痛めることなく堪能できるということになったのだ。

とはいうものの、やはりフレンチは原価がそれなりにかかる。イタリアンに比べると料理法もちょっと手が込む。そこで、これをなんとかクリアしようと、店の方では様々な工夫が凝らされているのだが……。そこで今回はその内の1件、渋谷にある小さなビストロ居酒屋のやりくりを紹介してみたい。

経費節減その1:喫茶店の改造?

渋谷駅西口、道玄坂の小道をちょっと入ったところにあるこの店は、間口が一軒半、奥行きが六軒ほどの細長い、どう見てもかつての喫茶店を改装したとしか見えない小さな作り(まるで電車の車内のような空間)。内装もそっけない。奥になんとか四人掛けを確保してあるが、その大半が二人掛けとカウンターだ。おかげで厨房は小さく、中ではシェフ達が押し合いへし合いしながら料理を作っている。この作りなら、まあ、渋谷とは言え、家賃はそんなに高くないだろう。ギューギュー詰めの店内で先ずコストの削減がはかられているのがわかる。

経費節減その2:冷菜とオードブル的メニューがたくさん

次に料理。種類は限られている。そして作り置きが可能ですぐに供せるフォアグラ、冷野菜、パテ・ド・カンパーニュ、チーズやピクルスの盛り合わせなどが並ぶ。厨房での作業をなるべく省略しようという戦略だろう。また、すぐに料理を出すことで客にどんどん食べてもらい回転を高めるという狙いもある(混雑時は二時間制だ)。そして、これらメニューを前面に出した売り方をしている。たとえば、ここで定番となっているのがパテ・ド・カンパーニュで、客のほとんどがこれを注文するのだ(もちろん作り置き)。このやり方は廉価のサイゼリヤと同じ。だが、その一方でコンフィやタジンといった、ちょっと手間の掛かる料理も忘れない。問題はこのバランス。これがサイゼリヤだと、全てサッと出るものばかり並べて顧客の回転を豪快にはやめると言うことをやっているのだけれど、さすがにそこまではしない。ゆっくり食べさせるというものも用意する”周到さ”を備えている。ただし、この時間の掛かる料理も概ね料金は三桁。もちろんサイゼリヤよりは高くなるが、それを加味してもコスパ的にはまだまだ安い。サイゼリヤはチェーン店なのでスケール・メリットがあるが、こちらはそちらについてはディスアドバンテージといった状況になっているはずだ(で、あちらは究極の半完成品なので)。だから、これだけじゃ、商売にならない。さて、じゃあどうやってカバーしているんだろうか?

経費節減その3:ワインで粗利を稼ぐ

実はそのからくりはワインにあった。ここが提供する最も安いワインはボトルで2600円(チリ)。これは一般のイタリアン・レストランでの提供価格とまあ、だいたい同じだ。ただし、サイゼリヤに比べれば高い。サイゼリヤの場合、最も安いのはデキャンタで供されるテーブルワインのマグナム・ボトル(1500cc)で1080円、最も高いキャンティ・ルフィナ・レゼルバでも2160円。しかし、この2600円で提供されるチリ・ワイン(シャルドネとカベルネソーヴィニオン)、結構、ウマい。だからこの値段が高いとはあまり思えないのだ。当然、こいつも格安で提供されている(つまり、粗利が低い)のだろうと思い、ネットで当該ワインの価格を調べてみると……なんと一本、たったの510円。ワインのレストランの提供価格は、サイゼリヤを除くとだいたい定価の三倍程度。ところが、これは五倍と、とんでもないふっかけ具合。しかし、クドいようだが、これがその辺のスーパーで売っているような500円ワインとはわけの違う味なわけで……う~ん、粗利を稼ぐにも、客に不満を持たせないような工夫をしていることがよくわかる。僕みたいに「調べてみよう」なんてスケベ心がなければ2600円でも文句は出ないような逸品をチョイスしているのだから(事実、僕も価格を調べるまでは何の不満もなかったのだ)。

経費節減その4:ワインについての客のステレオタイプを利用する

ワインについてはもっと面白い工夫もしている。一つ上のランクの2700円のオーストラリア・ワイン(シャルドネとシラーズ)の仕入れ値が950円、さらに上の3000円のアルゼンチン・ワイン(トロンテスとマルベック)が1200円と、ちょっと値段を上げただけで仕入れ値が跳ね上がっているのだ(つまり粗利が低くなる。いずれも三倍未満)。しかし、その一方で同価格(3000円)のフランス・ワイン(南仏のテーブルワイン)の仕入れ値は750円と、四倍。で、味はどれも吟味してあって合格点だ。だから、こういったメチャクチャな価格設定でも客から文句は出ず、みんな楽しんでいる(ひょっとしたら、価格を知った瞬間、怒りはじめたり、粗利の低いものばかりを注文しはじめる客もいるかも知れないけれど)。

巧妙な錬金術、でもみんな満足
この価格帯のからくり、僕はこう読んだ。問題は粗利の高い二つのワイン(チリとフランス)の位置づけだ。まず2600円の最安値のチリワイン。これについては「とにかく、なんでもいいからボトルでがっつりやりたい」という客を目当てにしている。つまり「ワインの味なんかわからない。安けりゃいい、飲めればいい」という客。しかし、ちゃんとした味なので文句は出ないどころか、むしろ満足し「リピートしよう」とも思うようになる。で、最安値なので注文される割合が最も高い。次にフランス・ワイン。これは「フレンチだからフランス・ワイン」という顧客の固定観念に訴える。同じ価格のアルゼンチン・ワインを比較したら、おそらくこちらを注文してしまうだろう(確かによく吟味してチョイスされてはいるが、はっきり言って味はアルゼンチンの方が上)。

つまり、この店はチリ、アルゼンチン、オーストラリアといった第三世界の割安ワインを厳選して味のレベルを保ち、その一方でワインが最安値であることとフランスものであることの魅力で粗利を稼ぐという構造になっているのだ。いいかえればワイン消費に対する客のエコノミーとステレオタイプ、つまりイメージをうまく利用しているというわけだ。

このやり方に腹を立てることはヤボだろう。儲けるためには様々なレベルで価格調整し、その差異を、自らの味覚と作り出す味でカバーするという”創意工夫”をしているのだから。「なるほどこの手があったか!」

料理・酒もさることながら、客も喜ばせ、自分もまた喜ぶというシステム。高く評価してもいいのではないか。参考までに、最終的に支払う価格はサイゼリヤの1.5倍強になる。だからメチャクチャ安いというわけではないが、結局納得させられる。結構、キモチイイダマされ方だと、僕は考えるのだが、みなさんはどうだろう?

イメージ 5

現在、人気を二分しているシェーバー、パナソニック・ラムダッシュES-ST25(左)とブラウン・ウォーターフレックスWF1s(右)。並べてみるとラムダッシュの方が小ぶりであることがよくわかる。値段はともに7,000~8,000円程度と手頃。二つとも価格からは想像できないほどの剃り味を発揮する。時代の変化を感じさせる製品群だ。


今回は男性の必需品、電動シェーバーについて考えてみたい。
現在、電動シェーバーを支配するメーカーは実質的にいくつかに限られている。ブラウン、フィリップス、パナソニック、HITACHIあたりで寡占状態といっていい(IZUMIなどのマイナーなメーカーで頑張っているところもあるが)。
で、ここのところずっと売れ線のトップを走っていたのが、1万円以下の廉価で購入できるパナソニックのラムダッシュES-ST25(実売価格7000円台後半)だった。ところが、この牙城が崩されつつある。ブラウンがほぼ同価格で同機能のウォーターフレックスWF1s(実売価格8000円台前半)をぶつけてきたのだ。で、こちらも匹敵する売り上げを見せている。

さて、このどちらを買うべきか?

僕はこれを訳あって両方とも購入している(実は、ある意味”買い失敗”している)。なので二つを比較しつつ、そのメリット、デメリットを語ることが可能な状況に。この二つ、どちらも似ているし、コストパフォーマンスにも優れ、甲乙つけがたい。しかし、使ってみると、似ているようで根本的に異なるところもあるので、その辺にチェックを入れつつ製品比較を行ってみたい。結論から言うと、僕の場合には二台持ちで正解だった。

ともに「お風呂場剃り」がウリ

先ず装備から。
双方に共通するのは1.充電式だが電源をつけたままでは使用できない点(これについてはAmazonや価格.comでも不満が出ていた。しかし、この批判は間違っている。お風呂場で電源をつないだまま使用して感電されては困るからこういった仕様になっているわけで、このことは両製品ともよくわきまえている)、2.お風呂場剃りができる、3.三枚刃、4.価格がほぼ同じ、5.キワ剃り付き。このうち、もっともウリなのは、低価格であるにもかかわらず2のお風呂場剃りが出来る点だろう。

この「お風呂場剃りができる」というのは、電動シェーバーの市場にとってきわめて大きな意味を持つ。というのも、これって実はブラウンがウリにしてきた機能を事実上否定していると考えていいからだ。その機能とは「アルコール洗浄」。風呂場だったらそんなことしなくても髭剃りした後、お湯で洗い流しておけば十分清潔なんだから。おそらくこの機能を廉価で大々的に売り込んだのはこのラムダッシュで、これが当たって、ブラウンも同様の機能であるウォーターフレックスをぶつけてきたと僕は推測している。つまりブラウンとしてはパナソニックの快進撃にやむにやまれず自らのウリの機能を否定してまでウォーターフレックスを売り込んだのだ(と、僕は勝手に判断している)。


機能については一長一短、ただしともに詰めは甘い

次にそれぞれの違いについてみていこう。まず、概観と機能について。
先ずラムダッシュ。本体は結構コンパクト。同じシリーズの五枚刃のような重厚感はないが、デザイン的には洗練されている。僕が購入したのはレッド(他にブラック、ブルーがある)だが、ガンダムもどきというかガンプラっぽくて、このガジェット感が楽しい。電源はプラグをジャックに刺すのではなく、クレイドルに乗っける形になる。クレイドルの上部両端に接点があり、ここから電力が供給される。ちなみに、これは携帯するのには完全にハンディになる。2~3日の出張ならバッテリーだけで十分使用可能だが、長期にわたる場合には、クレイドル、さらにアダプターを携帯しなければならないからだ。しかもスーツケースに入れるとき、ハッキリ言ってがさばる。だからすごく不便。また専用ケースは付属していないので本体が丸裸だ。その代わりと言ってはなんだが、網場の周辺に透明のプラスチックカバーを装着するようになっている。網場の保護にはまあこれで十分だろう。また、このカバーがスタンドの役割を果たしているのもグッド。ただし、このカバー結構外れやすい。他のお風呂場グッズと一緒に袋に入れると、取り出したときに外れていることがよくある。これは要検討だろう。


イメージ 1

ラムダッシュをカバーを付けて立てかけたところ。なかなか便利。ただし、このケース、外れやすい。こういった「フタ」は「付けやすく外しやすいが、外れにくい」といった難しいニーズに対応しなければならないので、メーカーも大変だ。



イメージ 2

クレイドルに乗せたところ。本体真ん中の両脇、黒い部分に電力を取りこむ接点がある。このクレイドルは持ち運ぶとなったらかなり不便。



一方のウォーターフレックス。さすがドイツ製というか、見た目は堅牢なイメージ。ラムダッシュより一回り大きい。なかなか武骨で、いかにもブラウンといういう印象を受ける。購入したのはブルー(他にブラックとレッド。ラムダッシュと同様のラインナップだ)。電源は本体にプラグを直接刺すタイプ。なので電源を持って移動する分にはラムダッシュよりこちらに分がある。また専用ケースがあるので旅行には便利だ。ただし、このケース、ちょっと設計上の詰めが甘い。布製なので、たとえば出張先の風呂場でシェービングした場合、本体からきれいに水を拭き取って収納しないとケースに染みこむ。で、そんなことを繰り返せば、おそらくケースが汚れたり、臭いを発したりするようになってしまう。また、このケースには電源を収めることが出来ない。じゃあ、ハダカで持っていけばよいということになるのだけれど、そうすると今度は網場用のプラスチックカバーがないので、刃が剥き出しになってしまう(これに関してはレビューで非難囂々だった)。つまり、どうも詰めが甘いのだ。しかもラムダッシュより重くがさばる。以前所有していた同社のFlex Syncroシリーズで使っていた網場用のカバーが残っていたので(これも三枚刃だった)、これを刺してみたらピッタリだったので使っている(写真参照。ということは、この三枚刃はFlex Syncシリーズと同じ?)。


イメージ 3

ブラウン・ウォーターフレックス。キャップはFlex Syncroのもので、実際には添付されていない。これくらいはバンドルすべきだ!


ということで、どっちもどっちという感じではある。1.ラムダッシュのように刃用のカバーが付いていてスタンドになる、2.ウォーターフレックスのように専用ケースが付いている、3.ケースはビニールかプラスチック製で、本体がぬれていても大丈夫、4.ウォーターフレックスのようにアダプターを直付けできる、5.ケースにアダプターを同梱できる、となればベストだろう。これくらいはユーザーインターフェイスを煮詰めて欲しい(Appleがシェーバーを開発したら、これくらいはやるだろう)。

剃り味比較~普段剃りはウォーターフレックス、お風呂場剃りはラムダッシュ

では、肝腎の剃り味はどうだろう。それぞれ1.普通剃り、2.風呂場剃りで検証してみた。ちなみに剃り味というのは本体の性能だけでなく、使用者の髭の状態と皮膚の状態との相性がある。で、僕の場合は「髭が濃い」「剛毛」「皮膚の強さは普通」という状態。だから、髭の細い人に向いているフィリップスのロータリー式などは全く使えない。こういったことを前提にしつつ参考にしていただきたい。

先ずラムダッシュ。スイッチを入れてみると「ちゅい~ん」と高周波?な音。いかにも振動数が多そうで一見豪快に剃れそうだ。と・こ・ろ・が、1の普通剃りについては、かなりダメだ。実は僕が二台持ちにした理由はここにある。ずっと使ってきたブラウンのクルーザーシリーズの充電池がへタレてきたので、これをバックアップ用にして新しいものを購入すべくチョイスしたのがラムダッシュだったのだが、普段剃りでは全然剃れなかったのだ。「なんじゃ、こりゃ?。Amazonや価格.comのレビューはガセだったのか?」「う~ん買い失敗」と思ってしまったほど。正直クルーザーの方が全然バリバリ剃れたのだ(結局、普段剃りではクルーザーをウォーターフレックス購入まで使い続けることに)

ところが、である。2、つまりこれを風呂場に持ち込んだとき、その印象は正反対になった。ものすごく剃れる。恐ろしいくらい。T型カミソリも軽く凌駕するほどの剃り味なのだ。こんなに剃れる電動シェーバーって、いったい?といったほどの印象。T型カミソリは、もはやオワコン?か。

ただし、問題はある。一つは「ものすごく時間がかかること」。僕みたいな剛毛だと剃り終えるまで10分くらいやっている。二つ目は苦手な場所が結構あること。鼻の真下、アゴのカーブは苦手だ。で、これをやっていいかどうかわからないのだけれど、僕はこの部分には髭剃りを横に動かしている(T型カミソリだったら肌を切ってしまうやり方)。三つ目は肌に優しくない。ガンガン剃れるけれど、気がつくと結構血だらけになっている(笑)

次にウォーターフレックス。こちらはスイッチを入れてみると、その堅牢で重厚なデザインにしては鈍い、ユルそうな音しかしない。「これでも、あのパワフルに深剃りするブラウンなのか?」「うどの大木?」「進撃の巨人?」「腐った巨神兵?」と、拍子抜けさせるサウンドだ。振動数もラムダッシュに比べると圧倒的に少ないと思われる。まあ、剃れりゃ問題はないので、とにかく剃ってみる。1の普通剃りは快調だ。首振りヘッドが肌に密着し、ラムダッシュよりはるかに速いスピードで剃ることが出来る。ただし、ちょっと物足りないところが。これも音なのだけれど、電動髭剃りで剃るときの、あの「ジョリジョリ音」が一切ないのだ。つまり肌の上をフニャフニャとなぞっているだけ。「おい、これホントに剃れてんのか?」と不安になるが、刃を通過した肌を触ってみると、おお、確かに剃れている。また、ラムダッシュが苦手とする鼻の下、アゴのカーブはこちらの方が得意だ。ただし、最終的な仕上げは首振りヘッドを固定して(首振りヘッドは固定、15度、30度と三段階に切り替え可能)、この剃りづらいところに切り込んでいくってな感じにしなければならない(首振りは、ざっくりとやるにはいいけれど、首が据わっていない分、細かいところは苦手)。

じゃ、今度は2のお風呂場はどうだろう。で、試してみると、これも順調。まあ、満遍なくよく剃れる。肌にも優しい。ラムダッシュよりも剃り上がりも早い。ただし……最終的な剃り味は明らかにラムダッシュに軍配が上がる。ラムダッシュは本当にツルツル。ウォーターフレックスはちょっと強く指を当てると軽くザラザラ感が……。

やっぱり、剃り味に関しても二つは「どっちもどっち」という感じなのだ。

ラムダッシュは「ごちそう」、ウォーターフレックスは「定食」

で、最終的に結論を言えば「まあ二つ持っていて正解かな」というところだろう。要するに使い分ければよい。わかりやすく例えればラムダッシュは「ごちそう」でウォーターフレックスは「定食」ってなところだろうか。朝、忙しいときにはウォーターフレックスでササっとそり上げる。ただし完璧にはならない(ちなみにラムダッシュはウォーターフレックスで剃り終えた後の仕上げに使うと普通剃りでも深剃り効果を発揮する)。一方、休みの日などに風呂場で「じっくり徹底的に剃ってやろう」というときにはラムダッシュがキモチイイ。

で、もし一つだけならどちらにするべきかと言えば、それはウォーターフレックスということになるだろう。ごちそうは毎日食べられないから、ナンデモほどほどに使えるこちらということになる。ただし、僕のように剛毛でなければラムダッシュで普通剃りも十分出来るのではないだろうか。その場合にはラムダッシュをオススメしたい。

最後に、実は僕はもう一台電動シェーバーを持っている。ブラウンのモバイルシェイブM-90で、仕事場での「ちょい剃り」に使っているのだけれど、これは隠れた名機だ。一枚刃なのにものすごく剃れるのだ。お風呂場での利用は無理だが、水洗いも可能。電池式だから突然電池が切れても大丈夫。しかも価格は2000円台と格安だ。


イメージ 4

ブラウン・モバイルシェイブM-90。2000円台で実によく剃れる。


で、こうやっていくつか電動シェーバーを見てきたが、これくらい価格差と使い方がよくわからない商品は、あまりないのかも知れない。ただし、ウン万円もするアルコール洗浄のヤツ(以前は所有していた)を買う理由は、少なくともないような気はするけれど。


↑このページのトップヘ