勝手にメディア社会論

メディア論、記号論を武器に、現代社会を社会学者の端くれが、政治経済から風俗まで分析します。テレビ・ラジオ番組、新聞記事の転載あり。(Yahoo!ブログから引っ越しました)

カテゴリ: 郷土かるた

Appleとディズニー。この二つの企業はS.ジョブズが深く絡んでいることで知られている。Appleについては言うまでもなく、Appleの創業者であり、かつ救世主である。一方、ディズニーについては、21世紀に入ってからの低迷打破のきっかけをR.エドワード・ディズニーとともに導いた(ピクサー買収後、ジョブズはディズニーの個人筆頭株主だった)。

二つの企業はジョブズそしてウォルト・ディズニー二人の人物の備える共通する理念を見事に踏襲している。それは「量を質に転化させる技術」だ。

これを説明するに当たって、黒子を登場させよう。申し訳ないがAppleのライバルと言われているSamsungを引き合いに出してみたい。ご存知のように、現在、最もスマートフォンの発売台数が多いのはSamsungだ。ただし最近は付加価値でiPhoneに押され、価格で中国製に押されと、旗色が悪いが。

Samsungは「量が質に転化しない」典型的な企業だ。そのやり方は「とにかく盛ること」。使えようが使えまいが機能を盛り、デザインの評判のいいところをコテコテと盛り、CMも類似企業の評判のいいところをひたすら盛る。特に後者二つは、露骨なくらいAppleのそれをパクりまくるので有名だ。で、技術的には結構イケてるのだけれど(ご存知のようにiPhone6のA8チップの製造のかなりの部分をSamsungが請け負っている)、この技術がこういった「盛り」によって、かえって目立たないという残念な結果になっている。

一方、Appleは盛らない。技術的な側面は、ある意味Samsungより劣る(Appleはパーツ製造のほとんどを外部に依存している)。にもかかわらず、製品としての魅力はSamsungを大幅に上回る。
この原因を考えるに当たってはディズニーの理念、とりわけウォルト・ディズニーの提唱したテーマパークという考えを持ちだすとわかりやすい。テーマパークとは「一定の空間を特定のテーマに基づいて作り上げる遊戯施設」ということになるが、実のところ、これは正鵠を射ていない。その証拠に83年、日本に東京ディズニーランドがオープンした後、次々とこの定義に基づいたテーマパークが作られたが、そのほとんどが失敗に終わっている。

テーマパークとは、ただ単に「テーマに合わせて情報を盛る」ことによって作られる空間ではないのだ。無論、ディズニーランドにもディズニーに関する大量の情報が盛り込まれている。しかしながら、実はこの「盛り」は一定の整序の下に盛られているのだ。つまりテーマには「空間デザインを統一する」ことだけでなく、「配置されたものそれぞれに物語が提示され、そしてそれが幾重にも折り重なることでより大きな物語=テーマが設定される」という側面があるのだ。

単に盛るだけなら、それはただの「ごった煮」。ところが情報を整序し、「物語」の中に配置することで、それはごった煮ではなく、ある種の世界観を構築することになる。

言い換えれば、空間を構築するに当たっては、先ずさまざまなアイデアを盛ってみるが、その後、テーマ=物語に従って取捨選択が行われ、さらに、それがいわば「一筆書き」のストーリーとして感じられるように配置し直されるのである。だから、空間それ自体に、情報が盛り過ぎられていて混沌としているという印象を抱くことはない。パーク内は驚安の殿堂、ドン・キホーテではないのである。

Appleもこのやり方を踏襲している。とにかく情報を集めるが、ユーザーに何を使わせたいのか、どんなライフスタイルがあり得るのかを検討を重ね、それにふさわしいものがチョイスされ、さらにこれが一筆書きになるように組み合わされる。こうやっていわば徹底的に濾過を繰り返した部分だけが製品の機能として採用されるわけだ。つまり、Appleのミニマリズム、シンプルさ、実は背後に膨大な情報が前提され、そのなかから提案したいものだけが選択されているというわけだ。たとえば、AppleはマックにBlu-ray/DVDドライブを搭載しない。また新しい薄型MacBookもポートが一つしかない。これらはメディアの未来を見据えた理念に基づいている。前者は「ディスクはもはやオワコン」つまり「ハードメディアによるデータ提供はやらない」「データの供給ははダウンロードで」、後者は「モバイルのパソコンは軽く、余分なものが一切ついておらず、全てはネットでやりとする」ということで外された。つまり、これら製品はいわば「大吟醸」。情報の多くが削り落とされて、いわばコンセプト=エッセンスのみになっており、ムダがない。

こういった「背後にある不可視の膨大な情報」を一般人は知る由もない。ただし、無意識のうちに、われわれはそこに独特のオーラを見てしまう。新たにリリースされたAppleWatchはその典型で、あれで何が出来るのか、恐らく使ってみなければわからないはず。にもかかわらず、いきなり好調な販売の滑り出しを見せてしまうのは、要するにそこに「新しい機能」ではなく「新しいライフスタイル」を消費者が見てしまうからだ。いや、厳密に言えば「Appleだから、新しい提案があるはずだ」と思ってしまうからだ(ひょっとしたら、実際にはその提案は魅力的なものではないかもしれないのだが)。そして、そういった妄想を喚起する根本的な要因こそ、背後に不可視ながら無意識に前提されてしまう膨大な情報なのだ。そして、これがAppleという企業の(そしてディズニーという企業の)付加価値=ブランドイメージを構築している。そう、これがAppleWatchを含むアップル製品のオーラなのだ。

Samsungにはそれがない。製品は、たとえば盛ったものをそれぞれ外していった場合、何も残らない。言い換えればライフスタイルの提案が、そこにはない。強いてあるのは、結局、「いろいろ盛って客を引き、一儲けしよう」といったような「理念無き理念」あるいは「メタ理念」ということになるのだろうか……。

Appleの理念についてしばしば指摘されるのが「引き算」。つまり、必要なものだけを残すという考え方なのだが、それは単なる引き算ではなく「物語」=ライフスタイルの提案あっての引き算なのである。

大東亜共栄圏はやっぱりアブナイ?

もうひとつは、肝腎の浦野の思想だ。友愛・平等に基づきアジア圏に欧米圏から自立した文化圏を構築しよう、植民地支配を脱しようとするその考え方。しかも極めてユートピア的、アナーキズム的なそれは、それ自体は美しい。

ただし、今日的な視点から再考してみると、やはり危なっかしいものではある。たとえば浦野が日本遺族会を通して積極的に推進していた靖国参拝。これについては、浦野がどのように考えようとも、もう政治的に手垢がべっとりと付けられたものであることは言うまでもない。だから、いくら浦野が「ただただ単に英霊を祭る、政治は抜き、軍事も抜き」と主張したところで、結局は右翼の政治的な側面に利用するだけだ。そして、政治的には極めてピュアであった浦野。ということは、やはり生前においても、都合のいいように右翼に利用されてしまっていたのではないかと言うことは、容易に想像がつく(実際、そうだったらしい)。
また、利用されるということの他に、浦野の考え方にも問題がないとは言えない。中国人と日本人の垣根を取っ払った平等な世界を浦野が志向していたとしても、浦野の精神の背後に最終的に残っているのは日本的な歴史観だからだ。たとえば「雷と空っ風、義理人情」の読み札の中に 勤皇論を唱えた愛国者・高山彦九郎を忍び込ませたのはその典型だ。これは言いかえれば、中国人も日本人も韓国人も「天皇の下での平等」と言うことになるわけで、これでは典型的なパターナリズム、無意識の日本中心主義、あるいは文化侵略ということになってしまう。これがコスモポリタニズムを詠いながら、最終的に日本という単位に収斂してしまった浦野世界観の限界だったのでは無かろうか。

浦野もまた時代のパラダイムから抜け出せないでいた

ただし、だからといって僕は浦野を「右翼だ」と一括りにしてしまうつもりはない。というのも、これは彼の限界と言うよりも、彼が背負った時代の限界と見なした方が妥当だからだ。以前、フェミニズムの論文の中にW.ディズニーが男性主義者で女性を蔑視していることを、ディズニーのアニメから読み取るというものがあったが、この誤謬と同じ構造と思ってもらえばいいだろう。確かにディズニーはシンデレラのように「いつか王子様が」という文脈で男性が女性を庇護すると言った文脈の作品を残している。しかし、これはディズニーが男性主義者というよりも、その当時の男性のほとんど全てがこういうふうに女性を捉えていて、ディズニーもまたそれに無意識に従っただけ。だからディズニーを女性差別者と非難するのはまったくお門違いなのだ。

浦野も同様だ。彼は大日本帝国が存在する時代の中で、その矛盾を感じつつも平等主義を志向した。ただし、その限界が「天皇を中心として」というかたちで現れたのは、当時の日本人の常識的な考え方に基づいていただけだからだ。だから、これだけで浦野の高邁な思想を一掃してしまうのは乱暴というものだろう。

浦野は上毛かるたの他にも様々な社会貢献を行っている。母の日制定の提唱、孤児のための施設・少年の家の設立、二松学舎大学の建て直しなど。ただし、本人は名前が知られることを極端に嫌う謙虚な人間だった。それゆえ、かるたが県全域に普及した後も、自分が上毛かるたの制作者であることを自らは決して口にすることはなかったという。だが、それが結果として、今日、群馬においてさえその存在が知られていないということを結果してしまっている。

群馬県民のアイデンティティ作りに大いに貢献した浦野匡彦。群馬県民はもう少し認めてもよいのでは無かろうか。

浦野の世界観は反映されたか

今回のブログでは『上毛かるた』の生みの親である浦野匡彦の世界観について考えてきた。そして、そのパースペクティブが友愛・平等に基づいたアナーキズム的な大東亜共栄圏というものであることを明らかにしてきた。最後に、この浦野の思想の可能性と限界について、かるたと絡めながら考えてみよう。

定着したかるた

もうすでに書き記したことだが、確かに『上毛かるた』は県全域に普及し、群馬県民の重要な文化の一部を為すに至った。群馬県民は子どもの頃からこのかるたに親しみ、他県の人々に比べると遥かに自分の県について語ることのできる人間が多いという事態をもたらしたのだ。群馬県民は『上毛かるた』を通して、群馬という郷土へのアイデンティティをイメージとして涵養することができるようになったのだ。これはまさにB.アンダーソンの指摘した「想像の共同体」そのものだ。そしてこの成功を見て、他県でもこれに倣うべく郷土かるたが次々に制作されたというのも大きな副次的効果といえるだろう。実際、埼玉県、水戸市といったところでは郷土かるた大会が毎年大々的に開催され、住民の地域アイデンティティを涵養するのに一役買っている。

かるただけで郷土アイデンティティを涵養可能か

ただし、だ。そう簡単にかるたの普及=地域アイデンティティの涵養と直結することができるかと言えば、そんなに甘くはないだろう。というのもかるたは遊びだ。先ず遊びがあって、その先に文言を通した郷土イメージの学習がある。もちろん、かるたをやれば文言を暗記してしまうわけで、少なくとも読み札にある事項の最低の知識は涵養される。

だが、問題がないわけではない。それはかるたが、やはり遊びであるところにある。つまりこうだ。かるたはゲームなので、目的は先ず相手に勝つこと。勝つことのために読み札絵札を暗記するのだが、これらに付随する知識のうち、かるたに挑む側が必要とするのは、ようするに、当たり前の話だが読み札の文言と絵柄だけ。言いかえると、読み札や絵札から、さらに郷土の深い知識に触れようというような方向にはなかなかベクトルが向かわないという弱点があるのだ。『上毛かるた』はより深い知識へ関心を持ってもらうための導入口として読み札の裏に文言についての解説が掲載されているのだが……これにはほとんど関心を寄せないという傾向があるのだ。となると、かるたというのはまさに郷土アイデンティティ涵養の、ほんの入り口でしかないということになる。

実は僕も宮崎県の県域かるた『ひむかかるた』を作成し、毎年小学校を対象に大会を開いている。目的は郷土意識の活性化なのだが、やはり読み札の裏に解説を添付している。で、やっぱり読んでくれないというのが正直なところ。なので、考えているのは学校の地域教育の教材に使ってもらい、遊びと学習をミックスさせるというようなことを小学校の先生方にお願いしたりしている。

浦野の着眼点は確かにすばらしかった。しかし、かるたの郷土意識涵養能力は、繰り返すようだがその入り口の役目しか果たさないわけで、その先はまた別の方法が必要なのだ。

そしてひねりにひねった浦野の思想、つまり今回「上毛かるたのひみつ」と称して紹介した世界観は、おそらく今後も知られることもないだろう。というか、知られることなく今日まで続いていると言うことになるだろう。(続く)

上毛かるたの読み札に隠されたかるた発案者・浦野匡彦の精神について考えている。今回はその二回目。

「雷と空っ風、義理人情」~下の句が不明

この読み札、凄く抽象的だ。「雷」は群馬に夏、雷が多いこと、「空っ風」は冬に赤城おろしと呼ばれる強い風が吹くことということで気候を詠っていることはわかる。ところが下の句がなぜか突然「義理人情」と、精神性になる。これは群馬県民は義理人情があるので、行動を起こすときには雷のように一気に、その行いも空っ風のように気っ風がよいと言うことを表現している。そしてその接点が絵札。なんと雷様なのだ。でも、それでもよくわからない。

実はこの読み札、国定忠治、小栗上野介、愛国者・高山彦九郎といった群馬出身、あるいは群馬にゆかりの深い人物とその精神性をまとめて読んでしまったもの。

国定は侠客、つまりヤクザ。小栗は明治維新に貢献したが、最後は国賊として斬首されている。高山は 勤皇論を唱えた愛国者。これら人物を浦野は読み札に加えたかったのだが、当然、これらは戦前の思想を反映する人物とGHQに見なされ、当然、軍国主義的ということで許可されない。そこで、これら人物の精神性を群馬の気候を表現すると見せかけてまとめて詠ってしまったというわけだ。

「誇る文豪、田山花袋」~かるた制作当時、花袋はほとんど無名

田山花袋と言えば明治大正期の自然主義文学の巨匠として知られているゆえ、これはあまりおかしな感じがしないかもしれない。ところが、かるたが作成された時期、花袋は現在ほどはその知名度がなく、故郷である群馬でもさほど知られた存在ではなかった(読み札のテーマ選考の際も、花袋が候補に挙がることはなかったという)。だが浦野は田山花袋を読み札の一枚に加えることに固執する。その理由は、花袋の作品『東京の三十年』にある。この中で花袋は日露戦争で戦死した父親に会いに靖国神社に行ったときの思い出が書いているのだが、浦野は靖国参拝と花袋をつなぎ合わせたのだ。ただし、この思いは一切GHQに伝えられることなく、『蒲団』や『田舎教師』等を現した群馬の作家と言うことで表向きは紹介されている。

「県都前橋、生糸のまち」~一見、何の矛盾もないが

群馬県の県庁所在位置、前橋市はかつては生糸の生産地として知られていた。よって、この読み札もまた、ごくごく普通の郷土かるたの読み札と考えることができるのだが。浦野はここでも、生糸という言葉にこだわっている。確かに前橋の当時の中心産業ではあったが、「織物」とか「製糸」ではなく「生糸」(よみふだでは「きいと」でなく「いと」と読む)と表記したところがポイント。これはガンジーの思想を踏襲している。ガンジーのシンボルといえば糸車だが、「生糸」と表記することでガンジー的な友愛主義、平等主義をこの札に込めたのだ。

まあ、こうやってあらためて読み札の内容を吟味してみると、浦野の世界観が見事にかるたに反映されていることが解る。

ただし、これらの思想、やっぱり右翼っぽくないだろうか?(続く)

『上毛かるた』に忍び込まされた浦野の世界観

ここまで展開してきた浦野のアナーキズム的な世界観(平等、友愛)に基づく大東亜共栄圏観は『上毛かるた』にはどのように反映されているのか。群馬県民にとって、かるたの読み札は何気なく覚えているもの。しかし、この文言の中には、しっかりと浦野の世界観が込められている。これからはそれをちょっと見てみよう。題して「上毛かるたの秘密」

「伊香保温泉、日本の名湯」~日本の名湯は草津じゃないの?

ちょっと考えてみて欲しい。この読み札、群馬県民ならおかしいと思わないだろうか。というのも群馬でいちばん有名な温泉、日本中に知れ渡っている温泉といったら……言うまでもなく草津温泉のはず。伊香保はそれに比べると知名度でかなり落ちる。だから、正しくは「草津温泉、日本の名湯」とならなければ行けない。ところが、草津温泉は「草津よいとこ、薬の出湯」という別の読み札になっている。県民はかるたをやりすぎていて、このことに気がついていないかもしれないが。

なぜ日本の名湯が伊香保になったのか。それは、伊香保温泉が「い」から始まる名前だからだ。『上毛かるた』はあいうお順ではなく、いろは順。ということは「い」の字がかるたの一番最初に来る。つまり、必然的に「い」の札がいちばん目立つと言うことになる。このことを浦野は狙っていたのだ。

で、浦野がこの札でいちばん訴えたかったのは「伊香保温泉」ではなく、下の句の「日本の名湯」、いやもっと明確に言えば「日本」という二文字だ。つまり崩壊してしまった日本国をあらためて建設しよう、我々は日本に暮らす、誇り高い日本人であるということを再認識しよう。そう言ったスローガンを広く県民に知らしめよう。そのためには日本という言葉が一番最初、いちばん目立つところになければならない。そこで、選ばれたのがいろはの「い」が頭についている伊香保温泉だったというわけだ。(続く)

↑このページのトップヘ