勝手にメディア社会論

メディア論、記号論を武器に、現代社会を社会学者の端くれが、政治経済から風俗まで分析します。テレビ・ラジオ番組、新聞記事の転載あり。(Yahoo!ブログから引っ越しました)

カテゴリ: TDLの歴史

東京ディズニーリゾート(=浦安一帯のオリエンタルランド社が運営する東京ディズニーランド=TDLと東京ディズニーシー=TDSを中心とするレジャー施設。以下TDR)は2012年、過去最高の入場者数を達成することが予想されている。そして13年度はTDL開園30周年を記念してより大規模なイベントが組まれ、さらなる入場者数が見込まれている。まさにTDRの運営は順風満帆という状況だ。だが、果たして今後もこういった順調な経営が続くのだろうか。レジャー施設は流行廃りが激しい。それゆえ、日本最大のこのレジャー施設とて、一歩方向を誤れば突然風向きが悪くなるということも十分考えられる。

今回は、TDLの三十年の動きを踏まえ、その未来(この場合はTDLを含むTDR全体の未来)について可能性を考えてみようと思う。というのもここ数年のTDRはかつてのスタイルとは大きく変貌を遂げつつあるように僕には見えるからだ。今回は、先ずその歴史をゲストとTDLとの関係に焦点を当てて展開してみよう。


きわめて低いディズニー・リテラシーの下でTDLは開園した

83年、TDLはまさにアメリカのアナハイムとオーランドにあるディズーランド(ディズニーランドとマジック・キングダム)二つのコピー的な存在として開園する。この当時、日本人のディズニーに対する認知度、いわばディズニー・リテラシーはかなり低いものだった。本家本元のディズニーが1966年、創業者のウォルト・ディズニー死去後低迷を続け(70年代、映画はアメリカン・シネマに代表されるように現実を反映したリアルなものが求められるようになり、ディズニーのようなハッピーエンドで脳天気な作品は時代遅れとみなされた。またディズニーも新作映画をほとんど作らなくなり、定期的に映画館で上映される作品も、もっぱらディズニー古典の再上映という体裁を採っていた)、70年代以降その流れの中で日本にもディズニーについての情報が入ってこなくなり、当時の子どもたち(現在四十代)とってもディズニーはあまり親しみのないものになっていたのだ(ちなみに、先行世代、五十代以降は六十年代にテレビ番組「ディズニーランド」を視聴していた世代であるので、むしろディズニー・リテラシーは高くなる)。

TDLはひたすらゲストを教育していた

こうやって日本ではディズニーが忘れ去られた83年にTDLは開園する。必然的にTDL側のマーケティングはひたらすディズニー世界を教育・涵養するという形式を採用することになった。開園に先立ち82年のクリスマスには、本邦初のディズニー長編アニメ映画のテレビ放映がなされ(コンテンツは「ピーターパン」だった)、さらには83年4月から日本テレビ枠でかつての短編アニメ三本が午後七時のゴールデンタイム枠で毎週放映された(この時、スポンサーの多くがTDLのオフィシャルスポンサーで、この時間枠専用のCMを作成しているが、これまたパーク内の施設を紹介するものだった。たとえばニッスイはマークトウェイン号、プリマハムはダイヤモンドホースシューレビューがフィーチャリングされていた)。また、開園初の昼のパレード”Tokyo Disneyland Parade”は、パーク内の各テーマランドを紹介するフロートによって構成されていた。


開園時に行われていた昼のパレード。各テーマランドの紹介が基調になっている。


この認知度の低さは83年の統計的データにも表れている。一年間で1000万人弱に過ぎなかったのだ(まだTDSが開園していない時代のTDLの年間最大入場者数は98年の1745万人)。開園当時、僕はTDLのキャストとしてパーク内で働いていたのだけれど、83年の6月のウイークデイは本当にガラガラという状態で「ここ、大丈夫なんだろうか?」と思ってしまったことをよく覚えている)。

ディズニー・リテラシーを涵養した外部要因

だが、その後、ご存知のようにTDLは現在に向けての発展を遂げることになる。これにはいくつかの要因がある。テーマパーク性の徹底、そしてホスピタリティの高さ、つまりキャストの教育が行き届いていることなどがそれだが、こういったTDLを運営する側のシステムについては既にあちこちで言い尽くされていることなので、取り上げない。むしろここではTDLをめぐる外部要因について二つほどあげておきたい。

ひとつは本家本元のディズニー側の改革がある。84年、ウォルト・ディズニー・カンパニー(当時の社名はウォルト・ディズニー・プロダクション)に乗っ取り騒動が発生した後、新たなCEOマイケル・アイズナーの下で大改革が進行し、90年代には新プリンセス三部作等によってディズニーがワールドワイドマーケティングに成功。こうした世界的なディズニー人気がディズニー・リテラシー涵養の、そしてTDLの人気の援護射撃となった。

もうひとつはTDLが人口5000万を数える関東圏+その周辺地域を抱える地域にあったこと、しかもそれが東京駅から電車で15分というきわめて交通の利便性にすぐれた地点に立地していたという要因がある。これによって非日常であるはずのディズニーランドという夢の国が、多くの人間にとって出かけようと思えばすぐに行くことの出来る「日常的な非日常の場所」となり、それが結果として多くのリピーターを生み出すことになったのだ。そして、今やTDRを支えるゲストの九割以上がリピーターとなっている。

こういった、ディズニーをめぐるインフラストラクチャーの充実が、80年代後半から90年代にかけてゲストたちのディズニーリテラシーを押し上げていくことになる。90年からは年間入場者数が毎年1500万人を超えた。そしてTDL開園時に子どもだったゲストは大人となり、子どもを産み、そして今度はこの子どもたちがディズニーファンとなり、さらには大人になって、再び子どもを産むというディズニーファンの再生産を繰り返すことになった。ウォルトがディズニーランドに吹き込んだ「ファミリー・エンターテインメント」、つまり家族みんなが楽しめるという状況が親子の間でも完全に実現する事態が90年代には実現したのだ。

だが21世紀に入りTDRとゲストの関係はその力関係を逆転させるようになる。一言で表現すれば、それは需要と供給の逆転、あるいは涵養される立場の入れ替わりという事態だった。(続く)

テーマ性が破壊されたテーマポート

一方、テーマ性をよく踏襲したポートも、よく考えるとおかしいところがある。最もテーマ性がはっきりし、煮詰められているのはアメリカン・ウォーターフロントだろう。ニューヨーク・マンハッタン南部のフルトンマーケットあたりをシミュレートしたピアがそのメインで、周辺に豪華客船コロンビア号、そしてマンハッタンの真ん中をイメージさせるホテル・ハイタワー(タワーオブテラー)、ブロードウェイ・ミュージック・シアターが、さらにはエレクトリック・レイルウエイがあり、ある意味、金ぴか時代(20年代)のニューヨークの雰囲気が良く再現されている。ポート内にあるレストラン、ニューヨークデリではニューヨーク名物ベーグルのサンドなんてのにもありつける。

ニューヨークに日本食レストラン、ここにはちょっとした詐術が……

しかし、ここにもこれはヘンというものがある。レストラン桜とスタンドのリバティ・ランディング・ダイナーだ。前者は日本食テーブルサービスレストラン、後者はなんとすしロールというちらし寿司とみそ汁(正しくはみそクリームスープ)を販売している。レストラン桜はフィッシュ・マーケットを改装して作った日本人移民のオーナーが経営するレストランという設定。提供する料理はてんぷら定食といった完全なる和食。まあ、魚自体は確かにフルトン・マーケットは魚市場だったので、おかしくない。しかし和食はヘンだ。20年代にそんな店なんか、ない。

つまり、これはこういうことだ。ポートのテーマ自体は20年代のニューヨーク。しかし、現在ニューヨークが寿司やだらけなのは今や有名な話。だからニューヨーク名物は寿司になっているわけで、ということは時代的には完全におかしいのだけれどニューヨークと言うことでおかしくないと言うことになる。まあ、日本人でもニューヨークに行ったことがあるのは、そんなにいない(よくわからないがそれこそ20~30人に一人くらいといったところだろう)、だからニューヨークつながりでいいことにしよう、というかなりお気楽な設定なのだ。

中東もアジアもターバンで統一!

ちなみにオマケをひとつ加えればアラビアン・コーストのレストラン、カスバ・フードコートで出されるものはインド・カレー、そしてナンだ。おいおい、それはアラビアではなくてインドですよ。おそらくこれはターバンつながりだろう。ターバンはインドのシーク教がアタマにつけているモノ。でもわれわれのメディア的なアラビアのスタイルはこのインドのシーク教のターバン姿?(明治キンケイインドカレーのせいだろう、きっと。いやタイガージェットシンかも?)もう滅茶苦茶、インド人もビックリだーっ!えーい、ついでに上げておこう。火山のミステリアスアイランドの中にあるボルケニアン・レストランは中華レストラン。なんで火山と中華ってなことになるのだが、これは火(ハオ)つながりね。

もうこうなるとポートのテーマとひとつでも話がつながりゃなんでもいいということになる。そう、これってディズニーランドがだんだんテーマ性を破壊していくときにやったやり方、つまり串焼きおにぎりや、ラーメンを販売したときのエクスキューズと同じなのだ。

今や理屈付けは「ナンデモアリ」

でもって、もうどうでもいいやって、感じで売っているのがミステリアスアイランドのリフレッシュメント・ステーションで人気の餃子ドッグ。これは餃子の形をした縦長の肉まんなのだが、ミステリアス・アイランドの真ん中においてある映画「海底二万マイル」に登場する潜水艦ノーチラス号と形が似ているからOKなのだ。それからポート・ディスカバリーでの入り口にあるシーサイド・スナックで売っているうきわまん。これもまんじゅうで浮き輪の形をしているのだけれどこれは隣に浮き輪の形をしたアトラクション、アクアトピアがあるからというわけで、ひとつでもつながりがあればナンデモアリというのが、テーマパークのようでテーマパークでなく、テーマパークでなくテーマパークのディズニーシーの特徴と言うことになるだろう。

しかし、この滅茶苦茶解釈はこんなことでは止まらない。2002年の夏だったか(ちょいと記憶がトホホですが)夏休みシーに浴衣で行くと景品がもらえるというイベントがひらかれた。多くのゲストは、おそらくユニクロ製の3500円くらいの浴衣を着てメディトレニアンに繰り出したのだった。「う~ん、もうわか~んな~い」の世界だが、これらのテーマぶっ壊しコンセプトは、なぜか大いにウケ、ディズニーシーのアイデンティティを形成し始めたのである。東京ディズニーランドと東京ディズニーシー。二つは全く別物である。そしてゲストたちの指向性も異なりはじめた。それはランド派とシー派ファンを出現させたのだ。。

ポストモダン、東京ディズニーシーの出現


これって、テーマパーク?

2001年9月ディズニーランドの隣に新しいテーマパーク東京ディズニーシーが誕生する。それはある種異様なテーマパークの出現であった。一言で言えばテーマパークであってそうでなく、テーマパークでなくてテーマパークといったとらえどころがない、それでいて独特な魅力を放つ空間の出現だったのだ。

東京ディズニーシーのコンセプトはもともとはロスの海岸沿いにディズニー社が建設を計画していたもの。ただし実質的にはそちらのコンセプトとはかなり異なっていた。ディズニーシーは海洋博物館や研究センター、そしてテーマパークからなる施設。一方、東京ディズニーシー(以下”シー”)はテーマパークの部分だけ、しかもパーク自体もシーとは少々趣を異にしている。

ちなみに東京ディズニーランドの経営母体であるオリエンタルランド社は第二テーマパークとして、当初、フロリダ、ウォルトディズニーワールド内にある映画のテーマパーク・MGMスタジオと同じものを建設する予定だったが、ハリウッド色濃いこのテーマパークはハリウッド的世界に馴染みの薄い日本人には集客効果が見込めないと判断。そこで実質的にジャパン・オリジナルとなるシーの誕生となった。

分裂病的なテーマパーク

シーはその名の通り海をテーマにしたテーマパークでディズニーランドでは「ランド」に相当する六つのテーマポートから構成されている。と、このように考えると、「ディズニーランド、つまりランド=陸に対してシー=生みのテーマパークというわけか」と思いたくなるのだが、だいぶ様子が異なっている。一言で言えば、ディズニーランドはウルトラ・モダニズムとでもいうべき強迫神経症=フェチ的なテーマ性の徹底によって構築されたモノなのに対し、ディズニーシーはもはやポスト・モダニズム、分裂病/統合失調症的な色彩に満ちた空間が形成されているのだ。

その典型がポートのひとつメディトレニアン・ハーバーだ。これは入り口を入ったところから海を囲んだかなり広いエリアを占めているポートだが、テーマはメディトレニアン=地中海。えっ?地中海って漠然としてるよ、具体的にはどこなの?……。どこでもありません「地中海」です。でも地中海の南岸とか東岸というのは省かれていて、全体の色調はイタリア・ベネチア的風景なのだ。まあ、それに合わせて周辺のレストランではピザやティラミスなんかを販売している。ただし、ここでおかしいのはポップコーンがあっちこっちでいろいろと売られていることだ。ヨーロッパとポップコーンは関係ないはずなのだが、要するにディズニーランドはポップコーンという印象が日本人についてしまったので、こっちのシーにもということだろうか。パーク内では6種類くらいのポップコーンを食べることが出来る。もちろんそれようのプラスチック製・首からぶら下げるバスケットもディズニーランド同様用意されている。

また海側、つまり入り口から入って向かって左にはディズニー・エレクトリック・レイルウエイが見える。これはアメリカの路面電車だよね。さらにさらに中央先には、その先には火山があって、センターオブジアースのライド=コースターが落ちていくのが見える。そして中央のシー=海では昼と夜にディズニーキャラクターが登場するショーが繰り広げられる……完全に滅茶苦茶な風景なのだ。それは地中海でもなんでもなく、強いて言えばディズニー的風景とでも言うべきモノ。ここには取り立ててのテーマ性は感じられないが、このごちゃごちゃ感がかえって妙な雄大さを感じさせ、不思議な高揚をゲストに抱かせるのだ。もう具体的なテーマ性を飛び越えて、ディズニーリテラシーを吸収したモノだけが理解できる抽象的なディズニーというテーマ性とその世界の背景でつねにちらついているヴァーチャルなヨーロッパ的風景(美女と野獣とかシンデレラとか、白雪姫とか、ピーターパンとかとにかくこういうアニメの背後にある「欧州」なイメージ)で彩られているのである。

ディズニー世界のデータベース空間

そう、ここはすべてのテーマを超越した、メタレベルでの”ディズニー世界”が繰り広げられているのだ。しかも、それは単にディズニークラッシック作品の世界と言うだけでなく80年代以降、巨大企業となったディズニーカンパニーのさまざまな事業のイメージすべてがぶちまけられた世界なのだ。言い換えれば、ここはディズニーから、いくらでもディズニー好きが物語を引き出せるデータベースとしての空間が形成されているのである。(続く)

お手軽なイベントの使い回し

またショーは定例化されて毎年同じイベントがおこなわれるようにもなった。たとえばクリスマスのイベント。カントリーベアジャンボリーが以前からクリスマスシーズンはクリスマスジャンボリーと銘打って、別のショー(オーディオ・アニマトロニクスの動きは基本的に同じだが、キャラクターがサンタ風の格好をしている)を開催していたが、このパターンがホーンテッド・マンション、イッツ・ア・スモールワールドにも採用される。前者は2005年よりナイトメア・ビフォア・ザ・クリスマスのジャック・スケルントンがアトラクションを乗っ取ったという設定でハロウィーン期間から三ヶ月程度開催、後者はクリスマスシーズンにやはりキャラクターにクリスマス用のコスチュームを身に纏った飾り付けをおこなっている(こちらは2006年開始。おそらくこれも定例化されるだろう)。予算が大がかりになったせいだろうか、パレードやショーについては、毎年同じ催しが繰り返されるものが増えてくる。

デブデブで足腰が弱ったワンマンズ・ドリーム

そんな中、ストーリー性が見事にゲストの心を掴んでいたワンマンズ・ドリームがワンマンズ・ドリーム2・マジック・リブズ・オンという名前で2005年7月に復活する。ワンマンの評価は非常に高く(演出家、宮本亜門も絶賛していた)、復活を待ち望んでいたワンマンズ・マニアにとっては福音に思えた。だが、期待は裏切られる。例によって規模が拡大、出演者の数も増え、賑やかにはなったのだが、内容的にはパレードと同じ傾向を見せるようになる。つまりストーリー性をさしおいてスペクタクルだけが展開される。情報が増えた分、大雑把になり、テーマの統一性(一人の男の夢という)がぼやけ、ストーリーが拡散してしまったのだ。もうここにはミッキーとミニーがモノクロからカラーに早変わりするシーンやピーターパンとウエンデイのフライングするシーンで、思わずドキッとし感動し、涙するようなかつての繊細さは失われてしまっていた。もちろんこの二つのシーン、現在でもあるが、文脈なく突然シーンが登場するので、ストーリーとの関連で感情移入することが出来ないのである。究極のストーリー性を売り物にしたショーは無惨な形で再び上映され続けることになってしまった。(もちろんストーリー性を踏襲した新しい施設もあった。その代表はアトラクション・プーさんのハニーハントだ。そして、こちらはストーリーを強烈に反映しているため、ディズニーランド一の人気アトラクションとなった)

ウォルトのいないディズニーランドの出現

ストーリーの美意識に惚れ込んでいた、モダニズム的なディズニーファンはこの「ていたらく」にうんざり。年パスの購入をやめ、やがてディズニーランド自体へ足を運ばなくなっていく。しかしそれは客層の交代。ポストモダンのデータベース消費的なものとしてディズニーを捉えるゲストがこの後、増加していく。それはデズヲタ(ディズニーオタク)の出現でもあった。

ある日のパレードの時のこと。待ちかまえるお客の中に8歳くらいの女の子がいた。彼女はフロートが来るたび熱狂しながらキャラクターの名前を呼んで声をかけている。そして彼女の、名前による呼びかけは最後まで続いた。つまりこの子はパレードに登場するキャラクターの名前すべてを知っていたのだ。

こうして、ディズニーとゲストの間にあったモダニズムは崩壊する。そして、その後に生まれたのがウォルトの魂なき、ポストモダンのテーマパークの出現だった。この時期、ディズニーランドは見た目はわからないままに内部から、そして外部から質的に大きな変容をみせていたのだ。(続く)

ウォルトのいないパーク~拡散するアトラクション、ショー、イベント(上)

ストーリー性はウォルトの魂

ストーリー性は生前、ウォルトが最も強く主張してきたことだ。たとえばウォルトはジェットコースターのような絶叫系のアトラクションを評価していなかった。それは肉体に直接スリリング感を感じさせるだけだからだ。だからウォルトの時代、ディズニーランドにジェットコースター的なものはほとんどなかった。どんなアトラクションにもストーリーが織り込まれている(逆に、それが現在のロスのディズニーランドの魅力(意味的に非常に奥行きがある)にもつながっているのだが)。たとえば、ウォルトのお気に入りのアトラクションは鳥たちが踊り歌う、ストーリー性に裏打ちされた「魅惑のチキルーム」だった。オープン当初からある例外的なものはマッターホーン・ボブスレーで、これはマッターホルンの中を二人乗りのミニコースターで駆け抜けるものだが、これとてラインは二系統あり、それぞれにストーリー性を持たせるために雪男や氷河などの展示物、そしてちょっとした仕掛けが配されている。またライドからディズニーランドの景色を見下ろせるのも魅力となっていた。つまりストーリー性の消滅とは、いいかえればウォルト的精神の消滅でもあった。

90年代半ば以降、東京ディズニーランドでのストーリー性の不在はその後、新しい企画の多くに浸透していく。

夜店の的あて?アストロ・ブラスター

それは前回(第7回1月12日)紹介した、トゥーンタウンだけではない。新たに登場するアトラクションも同様にストーリー性のないものになる。それを象徴するのがトゥモウロウランド、ビジョナリウムの後にはじめられたバズライトイヤーのアストロブラスターだ。これはゲストがバズライトイヤーの天敵であり父であるザークを倒すという設定。ライドに乗ってシューティング、得点を稼ぐという、チョー古典的なアトラクション。まあライドがついているところがちょっと付加価値といったところ。でも、これってキャラクターの存在以外、取り立ててディズニーランドにある必要などはない。ちなみにこれは日本以外でもファストパス扱いだが、ロスではからっきし人気がない。

萌え要素がひたすら続くパレード

一方、ショーも同様だ。例えばパレード。もっぱらフロートが派手になり、出演するキャラクター数が増える。これ自体は悪いことではない。問題は、パレードにストーリー性が失われ、とにかく次から次へと脈絡なくフロートとキャラクターが出現し続けることだ。ヤマなし、意味なし、オチもなしといった、さながら「やおい」みたいな演出が主流となっていく。もう、そこに文脈を見て取ることはできない。でも、もうそんなことはゲストにとってはどーでもいいことだった。ディズニー・リテラシーが高く、勝手に思い入れているゲストにとっては、こうやって、ただひたすら「萌え要素」が出てくれば、それで十分なのだから。あとは勝手に連中が、自分の意のままに、そこに思いをぶちまける。(後半へ続く)

↑このページのトップヘ