3.カオサン安宿街史とバックパッカーの情報行動変容

今回は調査したタイ・バンコク・カオサン地区の安宿街史について情報・消費インフラの変容を中心に概略を示そう。
 

3.1勃興期:80年代~民家の中に、民家改造型ゲストハウスが出現

王宮北のカオサン・エリアにバックパッカー向けのゲストハウスが建ち始めたのは78年。しかい、80年代末まで、このエリアはバンコクを訪れるバックパッカーたちが第一に目指す安宿街ではなかった。欧米バックパッカーのほとんどはルンピニ地区のマレーシア・ホテル周辺、日本人の場合はバンコク中央駅西のチャイナ・タウン、ジュライサークル・エリアに投宿していた。僕がカオサンをはじめて訪れたのは82年だったが、この時には民家を改造したゲストハウスが数軒という状態で、街はむしろ単なる通り、住宅街という感じで、安宿があるというのはよっぽど探さないと解らない状態だった。
 

3.2急成長期:90年代、バックパッカーの聖地に

カオサンが変容し始めるのは90年代からだ。ゲストハウスやレストラン、土産物屋が民家を改造したり、軒先に店を設けたりするかたちで次々と開かれ、これに伴って旅行代理店も建ち並び始める。90年代半ばには日本人経営による旅行代理店(M.Pツアー)もオープンした。また、ゲストハウス、レストランも改造型から専用の建物になり、さらに、これら事業に企業が加わることで施設が大型化、本格化し始める。周囲には、これらの他に旅行者の便宜を図るためのコンビニエンス・ストアやファースト・フード店がオープンし、空間自体が旅行者の母国とさして変わらない環境を形成し始めていった。
 

3.3カオサンが観光地と化していく

環境の変化に伴ってバックパッカーのカオサンでの行動様式も変容する。それまでは旅の中継地として、カオサンはもっぱら投宿するエリアと位置づけられていた。航空チケットの手配などをバンコク繁華街の旅行代理店へ向かい、旅の準備が出来次第、次の旅行へ向かっていたのだが、次第にカオサンにやってくることそれ自体が旅の目的という意味合いを備えていった。カオサンに行ってゲストハウスに入り浸り、バーでよろしくやるといったスタイルが生まれたのだ。
 

3.4旅を巡る情報インフラの充実と旅スタイルの変容~はがきからネットカフェ、さらにはパソコン、スマホへ

旅を巡る情報インフラも大きな変化を見せる。それまではバックパッカーの旅の情報収集は、ガイドブック、口コミが中心的な手段だった。つまり、ガイドブック『地球の歩き方』を持ち歩き、ドミトリー=相部屋の宿に寝泊まりして、他の旅行者から情報を入手したり、ガイドブックの情報ノート(旅行者が旅の情報を任意に書き込んだもの)をチェックしたりすることで、さまざまな旅のノウハウを手に入れていた。また、日本との連絡手段は国際電話と郵便だった。ただし、前者は高くつくため、短い時間で済ますか、相手払いのコレクト・コール、あるいは緊急時の利用が一般的で、細かい内容を伝えるならば手紙やはがきと言うことになった。
 
ところが96年にインターネット・カフェがオープン。インターネット利用による国際電話サービスも開始され、さらに通信事情がダイヤルアップからISDNへと改善し、旅行者たちがこれらを積極的に利用するようになるにつれ、旅行者たちの情報行動は変容し始める。旅先に関する情報入手についてはガイドブックの他にインターネットからの情報入手が加わり、またチケットの手配やホテル・ゲストハウスなどの予約もネットを通じてというスタイルが普及する。連絡手段もインターネットによる電子メールが中心となり、インターネット・カフェが林立する中、こういったインターネットを巡るインフラが競争を始めることで、一時間の高速インターネット使用料金が50円程度にまで下落すると、安宿街でもっぱらインターネット・カフェに入り浸るという旅行者も出現した。メールで自国の知人・友人・身内と連絡を取り、ネットを閲覧し、旅行の手続きをし、日本のサイトを閲覧し、さらにスカイプ=ビデオ電話でおしゃべり興じるというように、ほとんど日本と変わらぬライフ・スタイルをカオサンにおいても取るようになっていったのだ。
 
だが、安宿街を巡る情報環境の変容は、2005年以降、さらに進行していく。その一つはWi-Fi環境の出現だ。それまでインターネット利用はインターネット・カフェで、しかも有料でというものだったが、2005年からはパソコン接続、2007年頃からはWiFiによる無料ネットーワーク・サービスを始めるゲストハウスやレストランが出現する。これはネットが使えることが客を呼び込む手段とみなされたためだった。さらに2008年、小型でWi-Fi接続、カメラ付属の低廉ノートパソコン・ネットブックが市場に出回り始めると、今度はこれを持ち歩くバックパッカーが出現。また2009年頃からはiPhoneをはじめとするスマート・フォンを持ち歩くものも現れた。
 
これに伴って、今度はネットカフェが減少していく。旅の情報入手スタイルはパソコン・スマート・フォンを携帯し、ゲストハウスやレストランで無料のWi-Fiサービスに接続し、旅情報だけでなく、日本の情報、消費・娯楽に関するものなど様々な情報にアクセスするのが次第に主流になり始めた。
 

3.5非日常に日常を持ち込む

こういった情報環境、消費環境の充実は、集約すれば概ね以下のようなライフ・スタイルがカオサンで出現したことを意味している。情報行動のほとんどはネット環境を利用することで処理し、飲食についてはファースト・フード、コンビニエンス・ストア、さらには日本料理店などで自国と同じ食生活を行う。ゲストハウスはエアコン、ホットシャワー付きの個室を利用する(以前はファン、コールド・シャワーのドミトリー利用が中心だった)。ようするに、これは自国=日常で暮らすのと同じ環境をタイという異国=非日常に持ち込むと言うことに他ならない。日本とタイの相違点は、物価が低いので日本で生活するよりも費用がかからず(おおむね三分の一以下)、それゆえ、日本よりも快適に暮らすことが可能となる点だ。旅行ライターの下川裕治は、こういった海外の安宿街などで旅をせず長逗留する若者たちを「外こもり」と表現している。
 
ただし、こういった消費・情報インフラの整備によって可能になった「非日常に日常を持ち込む」という行為は、同様なライフ・スタイルが可能であるならば、何も海外である必要は必ずしもない。そして、バックパッカーの間に生まれたこの認識は、翻って海外というエリアでの生活の利便性の悪さを浮き立たせることになる。食生活が異なる、衛生状態が良好ではない、言葉が通じないなどがそれだ。こうなると、むしろ海外バックパッキングはあまり魅力のないものとなっていった(ちなみに、21世紀に入ってから日本人バックパッカーに注目を集めるようになっているのは日本国内、沖縄や周辺の離島である。ここでは、海外でのバックパッキングに伴う不便性を補うかたちで「低廉で非日常を日常に持ち込む環境」を成立させているからである)。(続く)