音楽産業が根本的に変わる

もし、 “アップルのiTunes Storeが定額聴き放題サービスをはじめたら”という前提で考察をすすめている。この”パンドラの箱”をアップルが開けてしまえば、音楽業界もまた根本的にその構造を変えざるを得ないことになる。

まずこれまでのハード・メディアによる音楽提供というスタイルがほぼ終焉する。音楽の所有手段についてはこれまでハード・メディア、つまり何らかの物理的媒体を介することでわれわれに提供されていた。レコード、テープ、MD、そしてCDといった記録媒体に乗せて販売されていたのだ。ところが、サブスクリプションという技術は、当然のことながらこういった物理的媒体の経由を必要としない。ネット上の音源から直接ダウンロードしてくるからだ。

もっともこの物理的媒体を経由しないスタイルはすでにITMSでは開始時から実現している。一曲150円程度、アルバム単位での購入は1500~2000円程度でダウンロード販売を行っているからだ。しかしこの販売方法ではCDなどの物理的媒体を市場から駆逐するには至っていない。依然としてCDは広く販売されている。だが、その理由は簡単。「高い」というイメージがあるからだ。もちろんCDそれ自体を購入するよりは安い。CDだと2500円以上する(輸入盤だともっと安いが)。それでも,ダウンロードによる購入を「高い」と感じさせるのは、ネットからわれわれが情報を入手する際の感覚に基づく。「ハード・メディアに依存しない情報は基本的にタダ」という認識だ。そしてディスク以外の物理的媒体(ケースやライナーノーツ)に対するフェティシズムもある。いいかえれば物質としては存在しないものへの課金には抵抗があるのである(だからこそコピーすることにあまり罪悪感を感じないわけなのだけれど)。またCDのファイルの形式はAIFF、ITMSはAACで音質的にも劣るという点にも抵抗がある人間がいる(ただし一般人には、その音の違いはほとんどわからない)

バイキング=パケ放題感覚

ところがサブスクリプションの場合、一旦課金してしまえばやりたい放題なわけで、こうなるとむしろバイキング・レストランの食事のような感覚がもたげてくる。一旦まとめて払っているので、あとはどれをどんだけとろうがタダみたいな認識だ(ケータイのパケットし放題の感覚と同じね)。そして月々のサブスクリプション料金支払いのため、電話や電気の基本使用料金みたいな感覚になり、実質上、課金していること忘れてしまうのだ。つまり現在のITMSのシステムとサブスクリプション・システムに対してのわれわれの根本的な認識の違いは「タダ」という感覚があるかどうかなのである(言うまでもなく、後者がタダ感覚を助長する)。で、タダ(実際は月極課金)ということになれば、突然、ジャカジャカとダウンロードしはじめることは目に見えている。

でもそんなことになったらCDは売れなくなるわけで,音楽業界は壊滅するんじゃないのか?いやいや、そんなことはない。(続く)